■ご挨拶

九州オリエント測量設計株式会社は1967年10月の創立以来、社会資本整備はもちろん、1982年の長崎大水害、1991年の雲仙普賢岳噴火災害など、地域の生活基盤再生とともに歩み成長してまいりました。今日では測量、道路・交通、橋梁、港湾・漁港、河川・砂防、都市計画、上下水道、情報処理、地質調査、補償、建築、計画調査など幅広い分野を擁する総合建設コンサルタントとして県内トップクラスの技術者集団を配置し、お客様の多様な社会ニーズにお応えできるよう日々努めております。

近年、大きく変化する社会・経済環境はますます複雑化・多様化しており、県内企業存続の危機に拍車をかけている状況下にあります。しかしながら、当社はこの状況であるからこそ、豊かな経験と実績、最先端の技術を取り入れた企画提案や維持管理、加えて多分野にわたる専門知識を有した技術者によるお客様と地域にかける人々の立場にたった質の高いコンサルティングサービスを提供できるものと考えております。

[ 人と自然・技術と創造 ]を経営理念に掲げ、技術者一人ひとりが自然との調和・融合を創造することによって、全社員一丸となって今後も地域の豊かな社会実現に貢献してまいります。