■地質調査・環境

業務内容

 我が国は山地・丘陵地が合わせて7割以上を占める山国であり、私たちが生活空間としている低地・台地は狭い範囲に限られています。このため土木建築事業では、その対象が山岳地の岩盤から人々の居住地である低地・台地の軟弱層まで多岐にわたっています。いずれの場合も、その地質・土質状況を事前に把握しておくことが、事業の経済性・施工性の点から見て、きわめて重要な要素となります。
 私たちは、ボーリングをはじめとして各種の探査や試験を行うことにより、精度の高い資料を入手し、次工程である設計分野等への提案を行なっています。

 ●各種ボーリング調査、各種土質試験
 ●地下埋設物調査、地盤調査、地形調査
 ●地すべり・急傾斜法面調査など

 担当:嵩下 康介(だけした こうすけ)、田中 甫脩(たなか まさのぶ)

主な実績

(1)一般県道奥ノ平時津線道路改良工事(地質調査業務委託)
(2)主要地方道小浜北有馬線道路改良工事(水文調査業務委託)
(3)曽段田地区地すべり対策工事(調査業務委託)
(4)長崎県亜熱帯植物園地すべり対策工事(観測業務委託)
(5)一般国道202号道路災害防除工事(地質調査業務委託)
(6)一般国道202号道路災害防除工事(設計業務委託)

技術情報