交通計画

 当社では、交通量調査、現況分析、需要予測モデルの構築、計画案の策定、需要予測及び費用対効果分析まで、交通計画の一連の作業を行っています。

交通量調査

 交通センサス調査等、長崎県内において多数の交通量調査を行っております。特に地元コンサルタントとして、大手では対応が難しい急を要する交通量調査、小規模な交通量調査に対応できます。また、警察協議等の交差点設計、交通容量等の交通解析、道路設計を実際行っている技術者が交通量調査を行うことにより、単なる交通量調査だけでなく、一歩踏み込んだ報告書の作成や提案が可能です。

 


交通量推計

 当社では、大規模ネットワークをベースに将来ODを用いた交通需要予測を行っています。配分方法では、一般的な多段階配分をはじめ、利用者均衡配分、時間帯配分など様々な配分方法に対応可能です。


 



推計結果を用いた解析

(1)交差点解析 
 交通量配分結果の方向別交通量を用いて、交差点の形状、信号現示等より交差点の飽和度及び 滞留長を算定します。

(2)費用対効果分析
 交通量配分結果より評価原単位を用いて、時間費用、走行費用、事故損失、環境評価値及び汚染物質排出量など のプロジェクト評価に使用する指標を算定します。