■3Dを用いたまちなみの修景計画シミュレーション

 私たちは、地域の歴史と特性を活かした魅力あるまちづくりを、より分かりやすく提案するために、点群データ・3Dモデル等の3Dデータを使用した修景計画のシミュレーションを行っています。
 3Dデータを使用することで、歩車道の幅員や舗装材、電柱・街灯の設置位置、ライトアップの位置や色など、整備内容の変更や検討が容易に行えます。また、図面や写真とは違い、視覚的にイメージがしやすく、ワークショップやプレゼンテーション、住民説明会などへの応用が可能です。

 

【第11回 3D・VRシミュレーションコンテスト 準グランプリ受賞作品】